大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

ご祈願・お守り

参拝作法のご案内

2015年7月22日 講話

神の守護をたとえ話で(教主講話)

 

s-IMG_0672

 

「お蔭をいただいた」という表現があります。なぜ「お蔭」というのか?

私は、人間にはなかなか分かりにくい場合もあるけれども、神様が巧に導いてくださる、だから「お蔭」なのだと思います。

 

たとえば、社長さんが新入社員を教育するときにこんなことをするそうです。

 

初めての営業。学校を出たての新人さんです。社長さんはこの新人さんを、本人には分からないように上手に教育されることがあります。

ある社長さんは、新人さんが初めて営業に出られるときに、先方の社長さんに前もって電話をされるそうです。

「今日○○といううちの新人がそちらに営業に伺うが、小さなことでもいいから何か仕事をやってくれないか」

新人さんはもちろんそんなことは何も知りません。ガチガチに緊張して営業に行って、初めて仕事をとることが出来ます。そんな新人さんに社長さんから一言。

「○○すごいやないか!そんななかなか新人が初めてで仕事をとってこれるものやないで。お前見込みあるな!」

これで新人さんは大喜び。自信をつけて大きく伸びてゆくきっかけをつかむそうです。

 

皆さま、いかがでしょうか。

この新人さんは「自分の力で仕事をとってくることが出来た!やった!」と思っているのだろうと思います。でもそうではありません。新人さんの分からないところで、社長さんが上手にやってくれているのですね。

 

神さまの世界、信仰の世界でもそうなのです。

願いが叶ったとき、うまくいったとき、成功したとき、「自分の努力で、自分の力でやった」と思いがちですがそうではありません。人間には分からないように、神様が巧に守り導いてくださっているのです。それを忘れてはならないように思います。

九頭竜大社のおみくじの一つに「目に見えぬ神の守護を知れ」とあります。もし、皆さま方がこのおみくじをひかれることがあったら、ぜひ何かを感じとっていただきたいのです。これはいいお言葉ですよ。「目には見えないけれども、人間にはなかなか分かりにくいけれども、神はあなたを守り導いているのですよ」そういう意味なんですね。

 

今回は「目に見えぬ神の守護」をたとえ話でおはなしさせていただきました。

皆さまどうぞよき信仰生活をお続けください。

 

九頭竜大社  教主  大西 正美

 

 

 

 

 


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌