大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

ご祈願・お守り

参拝作法のご案内

2015年3月4日 講話

比叡山を望む

3月になりました。早朝、境内より比叡山を望みます。

s-IMG_0455

霧がかかった比叡山です。青空も見えてきました。

 

九頭竜大社は今年で御発祥より61周年となります。

61年前、なぜ、九頭竜弁財天大神様はこの八瀬の地に御発祥になられたのか?よく思うことがあります。

人間の私に神様のお心が分かろうはずもないのですが、きっと神様は、これから先何百年も、千年の時を超えてお鎮まりになり、その大きなお力を発揚してゆかれるために、この八瀬の地をお選びになったに違いないと思うのです。

 

左京区八瀬は、京都市の中心街からは少しはなれた、高野川の上流、比叡山の麓の風光明媚な場所です。神様がお鎮まりになるにふさわしい場所だと思います。ふらっと何かのついでに立ち寄るような場所ではないですが、静かな心で神様に向き合おうとする真摯な気持ちをお持ちの方であれば、決してお参りするのに無理がない、そんなちょうどよい場所に鎮座なさっているやに思うのです。

 

心静かに神様と向き合ってお参りをなさりたい方々にとって、九頭竜大社は打ってつけのお社だと思います。是非、お参りくださいませ。

 

 

 


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌