大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

ご祈願・お守り

参拝作法のご案内

2022年9月1日 公式ブログ

新旧織りなす

「正浩さん、今日は新旧織りなす境内ですね。」

 

境内を眺めていた受付の巫女さんが、こんな風に私に声を掛けてきました。

 

「50年以上も月参りをなさっている〇〇さんが9回まわるお千度をなさっていて、近年よくお参りになる△△さんが正面でお祈りされていてこれからお千度です。だから、そう感じたのです。」

「そうだね。近年は本当に幅広く様々な方々がお参りになっているからね。新旧織りなす境内か。うまく言うものだね。」

 

 

 

お千度をなさった後、タイミングが良くお二人ともにお話しさせていただくことが出来ました。

 

 

50年以上も月参りをなさっている〇〇さんは、九頭竜大社にお参りするようになったきっかけと、月参りをするようになった経緯についてお話しくださいました。

奥様のお母さまが九頭竜大社に熱心にお参りなさっていて、その影響もあり九頭竜大社にお参りするようになった記憶がおありだそうです。その後独立なさって会社経営をなさいます。その経営が苦しいさ中に、霊感鋭かった開祖のおつなぎ(対談)をお受けになったところ、いただいた助言がズバズバと当たり経営を持ち直されます。いたく感銘をお受けになり、それ以来月参りを欠かされたことはないとのことです。

今でも毎月9回まわるお千度をなさり、必ずおみくじも引かれます。九頭竜弁財天大神様よりいただくこのおみくじのお言葉が本当に的確で、逆が出たことがない、と。だから私は50年以上も月参りを続けているのですと、とても上機嫌でお話しくださいました。

 

 

近年、月に何度もお参りなさる音楽家の△△さんは、ご縁があって何度も九頭竜大社で奉納演奏をなさったことがあります。

九頭竜大社で9回まわるお千度をされて自宅に帰られた時に、天から音が降ってくるという不思議な体験をなさいます。その降りてきた音をCDになさいました。

CDの音源の完成間近には、その音をイヤホンで聞きながら9回まわるお千度をされ、大神様にご報告なさいます。「九頭竜弁財天大神様より、私を通して音が奏でられ、このような作品になりそうです。」と。

お千度をなさっている間、九頭竜弁財天大神様より祝福を受けられたそうです。「よし、いける。これで大丈夫だ。」と、迷いが消え、念願のCDを完成、リリースなさいました。

今日は奥様とご一緒にお参りで、これから奈良のとある古社に久しぶりにお参りに行かれるようです。3時間くらいかかるので気をつけて行きますと、笑顔でお話しくださいました。

 

 

本当に九頭竜大社には、幅広く、様々な方々がお参りされています。今日は、新旧織りなす境内、ですね。

 

九頭竜弁財天大神様の守り導きのもと、皆様方、幸いに歩まれますように。

 

 

九頭竜大社 9回まわるお千度

九頭竜大社のおみくじ

書籍『九頭竜大社にお参りする人達から聞いた50の素敵なお話』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌