大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

ご祈願・お守り

参拝作法のご案内

2021年10月25日 公式ブログ

これは呼ばれているな

「おはようございます。お祓いの予約をしていた〇〇です。」

「ああ、〇〇さん。お待ちいたしておりました。」

〇〇さんは大阪からお参りになった女性の方です。

今まで順調だった仕事にいろいろと問題が出たので、大神様の奇蹟のお力により、災いや厄が祓われよい方向に向かってゆきますように。。祝詞にその願いを込め、お祓いを執り行いました。

 

 

「ありがとうございました。お祓いを受けることが出来てよかったです。神主さん、不思議なことがあって…今日は九頭竜弁財天大神様に呼んでいただいたのですよ。」

「ああ、不思議なこと、ですか。どんなことがおありになったのですか。」

「私は以前は、大阪から毎月お参りさせていただいていたのですが、しばらくお参り出来ずにいたのです。するとここ数日のこと、頻繁に竜神さまの動画を目にするようになったのです。」

「ああ、ネットなどでそういった動画をよくご覧になるようになった、ということですね。」

「はい。それで先日のことです。タクシーに乗ったのです。私がカバンに付けていた九頭竜大社のお守りを見た運転手さんが、「そのお守り、京都の九頭竜さんやねぇ。私も今週、九頭竜大社にお参りしようと思っているのですよ。」と。」

「へぇ。」

「ああ、これは九頭竜弁財天大神様に呼んでいただいているのだ、と。それで今日、このように久しぶりにお参りさせていただいたのです。」

「そうでいらっしゃいましたか。」

「神主さんにお祓いをしていただいて本当によかったです。来月もまた来ます。また月参りをさせていただきます。」

 

 

九頭竜弁財天大神様に呼んでいただかれたのですね。

月参り、お待ち申し上げております。

 

 

九頭竜大社のお祓い


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌