大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

ご祈願・お守り

参拝作法のご案内

2021年4月1日 公式ブログ

すごい夢

ある日のお昼前のことです。よくお参りをなさる女性がお越しになりました。9回まわるお千度をなさり社務所に戻ってこられました。

ちょうどその時間はお昼ご飯を交代で取っていて、社務所は私一人だけでした。

 

DSC00033

 

「正浩さん、ちょっと聞いていただけますか。不思議なことがあったのです。」

「はい。どのようなことがおありになったのですか?」

「先日ショックなことがあったのです。親しくしていた知人に、私が心から大切にしていることを真っ向から否定されたのです。」

「ああ、そうでしたか。分かります。特に思い入れのない他人からではなく、身近に感じていた人からですものね。そのような人から、ご自身が大切にされていることを否定されたわけですね。ショックなお気持ち、とてもよく分かります。」

「ええ。それはもう本当にショックだったのです。それこそ、その人のことが鬼のように思えるくらいでした。」

「そうですか。お気持ち、分かります。」

「それで私、悩んだのです。私が心から大切にしてきたことは間違いだったのだろうか、と。いや、そんなはずはない、絶対に私にとって大切なことだったはずだ、と。悶々として過ごしたのです。」

「なるほど。分かります。」

「それである晩のことなのです。夢を見たのです。夢の中に竜さまが出てきたのです。昨年、雅楽殿に透明感のある竜の絵が奉納されましたでしょう。まさにあのお姿でお出ましになったのです。」

「ええっ!〇〇さん、それはすごいですね!」

「ええ。あんなすごい夢は初めて見ましたね。まさにあの絵の通りなのです。人々を救って揺蕩(たゆた)って神界に上ってゆかれる、あのお姿でお出ましになったのです。」

「う~~ん、それは本当にすごいです。」

「その夢を見て私、思ったのです。ああ、九頭竜さまにお助けいただいたのだ、と。私が心から大切にしてきたことは間違いではなかったのだ、と。本当に救われたのです。それで、今日はすぐにお参りに来させていただいたわけなのです。」

「なるほど。そうでいらっしゃったのですね。」

「私は出来る限り月参りをさせていただいています。時に忙しくてひと月空いてしまうということもありますが、いつでも九頭竜弁財天大神様を思い、祈らせていただいているのです。」

 

今回も、ものすごいお話をお聞かせいただきました。

九頭竜弁財天大神様の守り導きのもと、幸いに歩まれますように。

 

 

九頭竜大社の書籍


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌