大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

ご祈願・お守り

参拝作法のご案内

2020年5月12日 公式ブログ

左目に眼帯

ある日の午後のことです。

私がご神前の清掃を始めました時、ある女性の方がちょうどお千度を終えようとされていました。毎月お参りなさる方です。

見ると、左目に眼帯が…。

IMG_4176

「左目…緑内障とか…手術でもなさったのですか?」

「そうではないのです。自宅でこけてしまいまして…ストーブに左目をぶつけてしまったのです。」

「ええっ~~~。それはたいへんでございましたね。」

「はい、たいへんでした。一時はお岩さんみたいな顔になってしまって…救急車にも来てもらって。。でも大神様にお守りいただいて大事には至らなくて…今月もこうやってお参りさせていただくことが出来ました。」

「さようでございましたか。大事に至らなかったのはよかったです。」

 

「ええ、こうやってお参りさせていただけるのは有難いことです。本当に不思議なことにね…ほら、見ての通り、私、足がわるいでしょう。普段は50メートル離れたところにゴミ出しに行くだけでも億劫なのです。それが、九頭竜さんに来ると、不思議なことに…こうやって本殿を9回まわってお千度が出来るのですよ。」

「ああ、そうですか!ここは本当に…不思議なお社ですね。」

「ええ、本当に九頭竜大社さんは不思議なお社、私にとって特別なお社です。今日は左目が大事に至らなかった、その御礼もあったのだけれども…知り合いが病気になってしまったこともあって、そのこともお願いさせていただいたのです。はじめは今日は本殿一周だけで勘弁してもらおうかしら…なんて思っていたけれども、やっぱり不思議。ここに来ると足が軽やかになって、こうやって9回まわってお千度できました。」

「そうですか。よかったです。神様に感謝を捧げて、そして自分以外の方のことも思って願われる…そういう時は心静かにお祈りできるものではないですか?」

 

「はい、そうですよ。よくね、息子や孫にもね、自分は行けないけれども代わりに九頭竜さんにお参りしておいて、なんて言われるのです。もちろん自分自身がお参りに来るのが一番いいのだろうけれども…私が代わりにお参りすることで、あの子達の心の支えになるようなのです。」

「ああ、なるほど。」

「ええ。私はもう40年くらいになるか、九頭竜さんにお参りさせていただいているけれども、自分のことはもちろん、家族のこと、子や孫やね、本当に事あるごとに助けていただいているのです。」

「九頭竜弁財天大神様とご縁がおありなのですね。」

「はい。こうやって毎月お参りに来させていただける、これが本当に有難いことなのです。」

 

今回もよいお話をお聞かせいただきました。

来月のお参りをお待ち申し上げております。

 

九頭竜大社の書籍

 

 


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌