大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

ご祈願・お守り

参拝作法のご案内

2016年10月17日 講話

神様の後押しあってこそ(教主講話)

人は、神様が守っていてくださらなければ、何事も成せないのです。
もちろん、その人が努力してこそという部分はあるでしょうが、目に見えぬ神様の後押しなしには、何事も成し遂げられないのです。
これが長年神様にお仕えしている私の実感です。

ですから私たちは、神様が後押ししてくださるような、そんな心の持ち方をして日々を過ごしてゆくことが望ましいのです。

ものごとが進んでゆくには、人智では捉えがたい「縁」が熟してゆかなければなりません。タイミングもあります。
まずは、焦ったり無理をしたりしないこと。そして、「素直な心」「感謝の心」「思いやりの心」を持って生きることです。

言葉にするならばとても簡単です。日々の生活のなかでの実践が大切なのです。

九頭竜大社  教主  大西 正美


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌