ご参拝のご案内

参拝作法のご案内

九頭竜大社では発祥当初よりご本殿を時計回りに9回まわり巡拝するお千度を行うなど独特の参拝作法が伝わります。

参拝作法を動画でご覧いただけます

約7分の動画にて参拝作法を一から全てご紹介いたします。
より良いご理解のためにぜひご活用ください。

九頭竜大社のお参りの仕方

写真

1.まず、手水舎にて手と口を清めます。

写真

2.ローソクと線香をお求めください。

写真

3.ローソクの白い紙が巻かれている部分に、お名前・数え歳・願い事をお書きいただきます。
※数え歳、願い事は神社にある一覧表をご参照下さい。

写真

4.受付前にご用意していますマッチをお使いいただき、ローソクはローソク台に、線香は本殿近くの線香台にお供え下さい。

写真

5.本殿正面へお進みいただき、二拝、四拍手、手を合わせ静かに心の中で
「南無九頭竜弁財天大神様(なむくずりゅうべんざいてんおおがみさま)」と三回、
「おんそらそあてい(えい)そわか」と七回唱え、神様と心を通わせます。
その後、ご自身の願い事をなさってください。お願い事をされましたら、四拍手、二拝をなさって下さい。

写真

6.本殿右手のお千度棒納所へお進みいただき、竹のお千度棒を9本お取り下さい。
これより、本殿を時計回りに9回まわるお千度となります。

写真

7.本殿正面にて一礼。

写真

8.初代御神木の前にて一礼。

写真

9.九頭竜大社発祥の石碑にて一礼。
この石碑を通じて、竜が降り立つとされる滝を拝む形になります。
※滝の正面にはお進みいただけません。

写真

10.現在の御神木に一礼。

写真

11.本殿真裏にて一礼して、1回まわられます毎に、お千度棒納所にお千度棒を1本お返しください。

写真

12.同様の作法にて9回おまわりいただき、お千度棒を全てお千度棒納所にお返しください。
※お急ぎの際は1回だけ巡拝なさるか、本殿正面だけをお参り下さい。

写真

13.結びに、最初と同じお作法にて、本殿正面でお参り下さい。

写真

14.以上のように、お千度がお済みなりましたら、ご霊水をいただかれてください。

写真

本殿前で引かれましたおみくじは、社務所にて出た番号をお受取り下さい。
大神様よりのお言葉が、一言で記されています。

写真

護符は、発祥当初より伝わる、粉薬のようにしていただくお守りです。
いただかれた後の紙包みは、火鉢にて焼上下さい。

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌