大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2015年5月26日 大社だより

6月中 奉納写教のご案内

九頭竜大社は毎年6月中は「奉納写教」(ほうのうしゃきょう)のシーズンです。

houhoushakyo

九頭竜大社の根本教義である「天地清浄・祓魔浄身」(てんちしょうじょう・ばつまじょうしん)

ごくごく簡単に申し上げますならば「日常生活のなかで嫌なことを見聞きしても、心まで毒されることなくさらさらと受け流していきましょう。感謝の心を忘れず、無理をせず、自然に逆らわない生き方をしましょう」ということになります。

 

墨書していただきご神前に奉納されることにより、開運・災厄消除のご利益を得ることが出来ます。

毎年、一年の折り返しである6月に写教を大神さまに奉納する九頭竜大社の恒例行事です。

 

6月中は写教用紙、筆(筆ペン)を社務所にご準備いたしております。

上からなぞってお書きいただけるようになっております。心を静めて墨書していただき、大神さまにご奉納ください。

奉納料  5,000円

関連記事 合わせてご一読ください


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌