大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2015年2月9日 メディア掲載 大社だより

節分祭・福豆まき式新聞記事掲載

平成27年2月3日に執り行われた節分祭・福豆まき式に関する記事が、2月6日付中外日報6面に掲載されました。以下にご紹介いたします。

 

●「寒さ知らず」の元気さ

1954年の開教から昨年で60年を迎えた京都市左京区の九頭竜大社の節分祭は、開教間もない56年から続く恒例行事。今年も多数の信者が参加し、福豆まきなどを通して今年一年の福徳開運を祈願した。

福豆まきは、本殿で節分祭を営んだ後、境内にある参篭殿を会場に行われた。阪神タイガーズなどで活躍した元プロ野球選手で、同大社と親交が深い若生智男さんや、大西正美教主らが威勢良く豆をまいた。気温3~5度と厳しい冷え込みの中、信者らは「福は内」の掛け声に合わせて元気な歓声を上げていた。

大西教主は「旧暦では立春が一年の始まり。新しい年を迎えるのに当たり、福豆を食べて『身の幸・こころの幸・家の幸』のご加護を頂いてほしい」と話した。

 

 

関連記事 合わせてご一読ください


奇蹟守
九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌