大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2014年9月29日 大社だより

九頭竜大社の御神紋

九頭竜大社の御神紋です。本殿正面の紋帳に描かれています。

真ん中は、神様にお水をお供えするときに用いる水器(すいき)です。

後ろに描かれるのは炎です。

水器から左右に伸びているのが、九頭竜弁財天大神様の神使である巳です。

水と炎でこの世を構成する陰陽をあらわし、そこに神様のお使いである巳を描いた御神紋になっているのです。

 

御神紋は開祖の独創で、九頭竜大社御発祥間もない昭和30年の11月に定められ、今日に伝えられています。

 

ご参拝をお待ち申し上げております。

 

 

 

関連記事 合わせてご一読ください


特別御守受付
特別御守受付
九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌