大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2014年9月21日 大社だより 講話

いいように、いいように考えましょう(教主講話)

ものごとはいいように、いいように考えましょう。

 

過去に起こったことは、あれはあれでよかったんだと考えるようにしましょう。苦い思い出も、あれはあれでよい勉強になったんだ、自分を磨く砥石だったんだと思うようにしましょう。

今の境遇に感謝の気持ちを持つようにしましょう。それがとても難しければ、口癖でもいいので、「ありがとう、ありがとう」と口に出すようにしましょう。

 

「過去におこったことはすべて、長い目で見れば自分にとって良いことだったんだ」

「今の境遇に感謝の気持ち、ありがたいという気持ちを持つ」

この2つのことを忘れずに信仰生活を続けていただければ、必ず『心の器づくり』がすすんでゆきます。九頭竜弁財天大神様に、より一層幸いにお導きいただけるようになります。

 

時代が移り変わろうとも、この2つは、九頭竜弁財天大神様を信仰する上においてとても大切です。

どうか実践なさってください。そしてどうかよい信仰生活をお続けください。

 

九頭竜大社  教主  大西 正美

関連記事 合わせてご一読ください


特別御守受付
特別御守受付
九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌