大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

ご祈願・お守り

参拝作法のご案内

2013年9月29日 大社だより 講話

幸運を授かる(教主講話)

九頭竜大社の教えの肝要は、自分と他人を比較することなく自分らしく生きること、自分の力ではどうしようもないことや考えても仕方のないことに煩わされないこと、「感謝の心」「明るく穏やかな心」を持って生きること、こういったことに尽きて参ります。すると九頭竜弁財天様と心が通じいよいよ幸いに導かれます。

しかし人間の心は弱く、頭では分かっていてもなかなか日々の生活の中で実践出来ないようです。

ただ私は皆様方に強くお勧めします。どうか上記のような教えを日々の生活の中で実践なさってみてください。自分と他人を比較するのをやめてみて下さい。日々感謝の気持ちを持って生活をしてみて下さい。そして心を込めて繰り返しお参りをなさってください。すると九頭竜弁財天様のお蔭をいただき自分が思ってもいなかったような幸運を授かるものなのです。

 

どうか一人でも多くの方々にこのことを実感していただきたく思います。いくらこの果物は美味しいですよといわれても、実際に口にしてみなければその美味しさは分かりません。信仰にも同じことがいえます。教えを日々の生活のなかで実践し、その素晴らしさを実感なさってください。そして一人でも多くの方々が九頭竜弁財天様への信仰を深めていただきますよう私は切に願っております。

 

九頭竜大社  教主  大西 正美

 

関連記事 合わせてご一読ください


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌