大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2013年8月25日 大社だより 講話

身近に感じる神様

九頭竜大社には多くの方々が熱心にお参りをされます。何度も何度も繰り返し足をお運びになりお参りになります。心を鎮め九頭竜弁財天様と心を通わせられてお祈りになるのです。九頭竜大社はこのように心静かに九頭竜弁財天様と向き合い祈りを捧げるお社なのです。

 

信仰の篤い方々の多くが、九頭竜弁財天様をとても身近に感じるとおっしゃいます。九頭竜弁財天様は慈悲の女神様で一人一人に応じて人生を幸いにお導き下さいます。そのことを実感されているのでしょう。

 

九頭竜大社にお参りになり9回まわってお千度をなさると、明らかに気持が入れ換わり、心身が整えられていくことをお感じになることと存じます。

 

九頭竜大社の根本の教えは、大変な日常のなかにおいても「感謝の心」「明るく穏やかな心」を持って生活し、何度も何度も繰り返し九頭竜弁財天様に心を通わせてお祈りをし、人生を幸いにお導き頂くことです。

 

どうか繰り返し九頭竜大社にお参り下さい。必ずや人生における大難(だいなん)は小難(しょうなん)に小難(しょうなん)は無難(ぶなん)にしていただき、ますます幸いにお導き頂くことが出来ます。

関連記事 合わせてご一読ください


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌