大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2013年6月21日 大社だより

奉納写教(ほうのうしゃきょう)の意味

奉納写教(ほうのうしゃきょう)について。

九頭竜大社では奉納写教を毎年6月中受け付けております。九頭竜大社の根本の教えをあらわした言葉「天地清浄・祓魔浄身」(てんちしょうじょう・ばつまじょうしん)と墨書し、ご奉納いただきます。ご奉納いただきました写教は、本殿ご神前にお納めし、神職が天地清浄の祝詞を奏上し、除災・開運をご祈願申し上げます。

6月24日午後2時からは、夏越大祓祭が執り行われ、半年間に身についてしまったよくないものを祓い、残り半年の息災をご祈願いたします。この奉納写教も、一年の折り返しである6月に九頭竜大社の根本の教え「天地清浄・祓魔浄身」と墨書し、心を鎮め、魔を祓い、災いを除け、開運を祈念する意味があるのです。

奉納料は5千円でございます。写教用氏は社務所にご用意がございますゆえ、是非大神様と心を通わせるよすがとなさり、除災・開運を祈念されますようご案内申し上げます。

関連記事 合わせてご一読ください


特別御守受付 金幣・赤幣受付
特別御守受付 金幣・赤幣受付
九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌