大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

ご祈願・お守り

参拝作法のご案内

2020年3月21日 公式ブログ

父親

ある日の早朝のことです。ある若い夫婦の方がお千度参りをしておられました。毎月のようにお参りなさる方です。

IMG_4109

奥様が何となくゆっくりとお千度をされているように…お腹が少し大きくなっておられるような…もしかしたら…私はそんな風に思ってお二人を見ておりました。

お千度を終えられて社務所に入ってこられました。たまたま旦那さまと私の二人だけになりましたので、お声がけしてみました。

 

「奥様…おめでたでいらっしゃいますか?」

「そうなんです。二人目なのですよ。」

「そうですか。おめでとうございます!」

 

少しお話しさせていただきました。

 

「私たち、引っ越しすることにしたのです。今までは大阪市内に住んでいたのですが、同じ府内の別の市にです。」

「そうなのですね。いろいろとたいへんでいらっしゃるでしょう。」

「実は妻の父親が遠方に一人暮らしをしていたのですけれども、この引っ越しを機に、義父を大阪に呼んで一緒に住もうということになりました。」

「お義父さまとご一緒にお住まいになるのですね。」

「ええ、私は早くに父を亡くしまして…だから、あまり父親というものを知らずに育ったのです。ですから、今2歳になるわが子と、これから生まれてくる子には、父というものを感じて育ってほしいな、とも思ったのです。」

「ああ、そうでいらっしゃったのですね…」

「もちろん私が父親なのですから、しっかりしないといけないのですけれどもね!なかなか引っ越ししてすぐに保育園に入れることは難しそうなのです。だから、おじいちゃんにも少し子供たちのことを見てもらおう、と、そんな風にも思っているのです。子供たちに、より父を感じて育ってほしいな、と。」

「それは素敵なことでございますね。」

「私と妻、2歳のわが子、義父と、毎月おローソクを4本お供えしてお千度させていただいているのです。九頭竜弁財天大神様にはいつもお守りいただいています。今日はお話し出来てよかったです。」

 

いえいえ、こちらこそよいお話をお聞かせいただき感謝申し上げます。

そうですか…では、もうすぐお供えされるおローソクが5本になるのですね!(^^)!

 

ご夫婦がお帰りになられた後、境内には日が射し込み、ウグイスの鳴き声が響いていました。

 

皆様方、幸いにお進みになりますように。

 

 

 

 

関連記事 合わせてご一読ください


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌