大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

ご祈願・お守り

参拝作法のご案内

2020年2月18日 講話

本当に幸せな人(教主講話)

生前、開祖から聞いたお話です。

IMG_4060

開祖のもとに、悩みの対談(おつなぎ)に来た女性がいました。

見ると、宝石を身に付けられ、手にはたくさんの指輪をしておられる…そのような女性が「私ほど不幸な人間はいません」と、しくしくと話されるのです。

 

周りからはどんなに幸せそうに見える人でも「私ほど不幸な人間はいない」と思って生きている人は不幸なのです。

周りからは少々たいへんそうだなあ…と見える人でも「私は神様にお守りいただいて、とても幸せなのだ」と思って生きている人は本当に幸せな人なのです。

信仰とはそのようなもの…結局は心の持ちようなのです。

 

今回は生前の開祖のお話をご紹介させていただきました。

皆様、よき信仰生活をお続けください。

 

 

九頭竜大社 教主 大西 正美

『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』

 

 

関連記事 合わせてご一読ください


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌