大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2019年5月19日 公式ブログ

ハンドパン

とてもよい天気の日曜日。境内では、信者の方々による清掃奉仕が行われています。

朝からお参りの方々も多く、とても忙しく過ごしておりました。すると、一人の男性の方が社務所を訪ねてこられました。

お話をお聞きすると、山口県の方にお住まいの方で、全国各地を周ってハンドパンという楽器を演奏しておられるとのこと。急で申し訳ないのですが、御縁があって九頭竜大社にお参りすることが出来ましたので、奉納演奏をさせていただけませんか、というお申し出でした。

少し考えさせていただきまして…境内清掃奉仕の方々は午前11時頃に集まって休憩をされます。その休憩の時に奉納演奏をなさるということで如何でしょう、とご提案いたしましたら快諾いただきました。

s-IMG_2955

 

s-IMG_2959

演奏の後は、ハンドパンという普段見慣れない楽器に、皆さま方は興味津々でいらっしゃいました。

 

爽やかな五月の日曜日。多くの方々のお参りで、またこのようなご縁もあり、とてもよい一日でございます。

 

 

 

 

関連記事 合わせてご一読ください


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌