大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2018年11月9日 メディア掲載 大社だより

新聞記事掲載(開祖三十年祭)

開祖三十年祭に関する記事が、平成30年11月7日付け「中外日報」11面に掲載されましたので全文をご紹介いたします。

 

九頭竜大社

没後30年で開祖偲ぶ

IMG_2339

京都市左京区の九頭竜大社で10月28日、同大社を開いた大西正治朗氏の没後30年を偲ぶ「開祖帰幽30年祭」が営まれた。大西氏は42歳だった1954年に九頭竜大社を開いて開祖となり、88年10月に亡くなるまで布教に努めた。

帰幽30年祭は境内の儀式殿であり、生前の大西氏を知る信者や縁者らが参列。バイオリン奏者・原田薫さんの奉納演奏もあり、大西氏も好んだという「タイスの瞑想曲」が奏でられる中、参列者は在りし日の開祖を追悼した=写真。

開祖の長男で現教主の大西正美氏は挨拶で、「亡くなられて30年になるが、隣に開祖さまがいるように感じることはしばしばあった。目には見えなくても、いつも見守ってくださっている。改めて感謝し、開祖の精神を大切にお守りしていきたい」と話した。

没後30年に当たり同大社では、境内にある開祖ゆかりの家屋「おつなぎ所」を修繕するなどした。おつなぎ所は、開祖が信者と面談するための建物として使われていた。

 

 

関連記事 合わせてご一読ください


おみくじのご案内
九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌