大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2018年7月6日 大社だより

修繕事業 順調に進みます

 

お蔭さまで「開祖帰幽三十年 修繕事業」が順調に進んでおります。

 

開祖が信者との対談を行った「おつなぎ所」の修繕。

 

IMG_2054

九頭竜大社の原点ともいえる場所ですが、昭和32年の建立以来、大きな修繕等は行われず傷みが著しくなっておりました。ご覧のようにしっかりとした修繕が進みます。

 

IMG_2055

 

内部の修繕も進みます。開祖が信者との対談「おつなぎ」を行った部屋です。(内部非公開) 門帳も新調いたしました。

 

 

雅楽殿の修繕。

IMG_2053

こちらも昭和37年の建立以来、大きな修繕は行われておりませんでした。傷みが著しくなっていた瓦屋根の葺き替えを行いました。

 

IMG_2050

外周、外壁を修繕し、門帳も新調いたしました。こちらもしっかりとした修繕が行われ、見違えるほどになりました。

 

 

10月末にいたるまで、今後も諸々の修繕等を進めてゆく予定です。ご協賛いただきました方々、皆さま方のご協力に心より感謝申し上げます。

今後とも引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

『開祖帰幽三十年 おつなぎ所・雅楽殿 修繕事業』の詳細

 

 

関連記事 合わせてご一読ください


おみくじのご案内
九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌