大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2018年2月18日 大社だより 講話

本物の願い(教主講話)

 

順調に進んでいるときでもおごりたかぶらないこと、平穏な毎日を送れることを当たり前だとは思わないことが大切だと思います。

 

おごりたかぶることなく、謙虚な丸い心を持てるように努めましょう。
「感謝」の心をゆめゆめ忘れてはならないのです。

 

自分の心の底にある本当の願いごとを持ち続けるようにしましょう。
我を張ることなく、大神様のおめがねに適った本物の願いは、必ず叶ってゆくものです。
いつその願いが叶ってゆくかは大神様におまかせするのです。

 

人としてもっとも自然な姿、明るく穏やかな状態に立ち帰ってゆきましょう。
心を明るく持ちましょう。
神様は自分にとってわるいように導かれるはずがないと、信念を持って過ごしましょう。

 

どのような心の持ちようで日々を過ごすかが肝心なのです。

 

皆さま、どうぞよき信仰生活をお送りください。

 

九頭竜大社 教主 大西 正美

関連記事 合わせてご一読ください


おみくじのご案内
九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌