大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2016年7月25日 大社だより 講話

心構えこそが大切(教主講話)

開祖 大西正治朗は生前このように申しておりました。

『信者の方々を見ていてつくづく思う。
信仰の深さというのは、昔からよくお参りされている、比較的最近からお参りされるようになったというような、古い、新しいということだけでは推し測れないものなのだよ。それに人は見た目では分らない。
大切なのはその人その人の心の持ち方、神さまに向き合う心構えなのだよ。』

私の耳の底にのこっている開祖のことばです。

皆さま、どうぞよい信仰生活をお続けください。

九頭竜大社  教主  大西 正美

関連記事 合わせてご一読ください


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌