大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2016年6月24日 大社だより 講話

心を柔らかく(教主講話)

心に余裕がないと、ちょっとしたことに反発し腹が立ってしまうものです。
ちょっとしたことにいちゃもんや文句をつけないと気が済まない、そんな方もおられます。

この原因は簡単なのです。
その方は愛情不足を感じておられるのです。だからもっとかまってほしい・・・

「自分はいい目を味わえなかった・・ なぜあの人ばかり・・」
本当にそうなのでしょうか?

人生には必ずキラリと光輝くときがあったはずなのです。

「自分の人生もすてたものではない」と思えるようになっていただきたい。
心を柔らかく、心に余裕を持っていただきたいのです。

「心を柔らかくして生きる」それは『心の器づくり』に通じます。
九頭竜弁財天大神様に幸いにお導きいただく、幸いへの道に通じるのです。

皆さま方、どうぞよき信仰生活をお続けください。

九頭竜大社  教主  大西 正美

関連記事 合わせてご一読ください


奇蹟守
九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌