大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

2016年4月18日 大社だより 講話

感謝(教主講話)

s-IMG_0192

 

私は若い頃、開祖のはなしをよく聞いておりました。開祖の講演会でのはなしも、長年にわたり聞いております。

開祖はおそらく、それほど講演が得意だったようには思えないのです。起承転結というような感じではないのですね。はなしがあっちに飛びこっちに飛び、最後には結局何が言いたかったのだろうな・・・そんなこともございました。

しかし、開祖のことばには、所々にキラリと光る部分があるのですよ。キラリキラリと光る部分がある。キラッと光っては話がほかのところに移ってゆき、またキラリと光ることばが出てくる、そんな感じでした。

長年にわたり開祖のはなしを聞き、そのキラリと光ることばを聞き取って参りました。そこで結局開祖が言いたかったことはどのようなことなのか。

 

これはもう一言。たった一言で言えます。「感謝」なのですよ。

ことばで表現するならばたった一言。「すべてに感謝する」たったそれだけで、人は幸せに生きていくことができるのです。開祖はそのようなことが言いたかったのですよ。

 

「すべてに感謝する」「感謝の心を持って生きる」

それが大宇宙の法則、自然に適っているのです。つまり九頭竜弁財天大神様の御心に適うのです。

人は「感謝」の心を持ってこそ、幸いに生きていくことが出来るのです。

 

 

九頭竜大社  教主  大西 正美

関連記事 合わせてご一読ください


奇蹟守
九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌