大社だより

九頭竜大社からのお知らせ

ご祈願・お守り

参拝作法のご案内

2015年12月20日 大社だより 講話

布で玉を磨くように(教主講話)

s-IMG_0981

 

無理をして頑張ってもなかなか思うようにはならないもの。大切なのは「焦らないこと」です。

 

願いが叶うには「今だ」というタイミングがあります。

九頭竜弁財天大神様は、もっともいい時期に願いを叶えてくださいます。

おすがりしたら、すべて神様にお任せする、願いが叶う時期は神様にお任せする。

 

願いが叶ったら、慢心は禁物。

おみくじのなかにも「心をおごるなかれ」とあります。

順調にことが運びますと、自分の努力で成し遂げたと考えがちですが、決してそうではありません。

周りで支えてくれた人達、そして「目に見えぬ神の守護」への「感謝」が肝要なのです。

 

 

九頭竜大社の教えのなかに、厳しい荒行のようなものはありません。

サンドペーパーで急いで磨くのではなく、柔らかい布で、ゆっくりと玉を磨くがごとく、『心の器づくり』をすすめるのです。

そうやって時間をかけて『心の器づくり』をすすめてゆけばよいのです。

 

 

何かと慌ただしい年の瀬でございます。皆様方、どうぞよいお年をお迎えください。

 

 

九頭竜大社  教主  大西 正美

 

 

 

 

 

 

関連記事 合わせてご一読ください


九頭竜大社の教えが一冊の本になりました。『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』好評発売中

ご参拝の作法 九頭龍大社では、昭和29年の発祥当初より、御本殿を9回時計回りに巡拝するお千度を行うなど、独特の参拝作法で知られています。

福徳授け・開運・厄除け・必勝・生業繁昌